本文へ移動

なぜ創価大学なのか

平成11年初冬のことである。一人の女子学生が「創価大学に入りたい。合格するよう指導してほしい」 私は即座に答えた。「入学時期でもない、期間も短い、彼女の学力も皆無である」と断った。しかし、「彼女はどうしても入学したい」の一点張りである。
創価大学は私にとって全く皆無の大学である。一週間後に返事をする約束でかえってもらった。彼女をそこまで駆り立てるのはなぜか。どんな魅力があるのか。今まで、創価大学希望者をあつかったことは一度もない。どのような大学か多少興味もあった。
すぐに創価大学に飛んだ。幸いにもオープンキャンパスの最中であった。まずは学生の観察から始めることにした。
「こんにちは」「ご苦労様です」はきはきしている。礼儀正しい。しかも生き生きしている。なんだろうこれは、数多くの大学をみてきた私には、何か新鮮みを感じた。他の大学では出会う事のできない生き生きとした気分にさせられたのは私だけではないだろう。何かがある、この大学には、その答えは後になって解った。学生の4~5名のグループと話をすることができた。どの生徒にも目に輝きがある。「なぜ創価大学を選んだのか」「創価大学とは」・・・・・・多岐にわ たって質問をしてみた。一様に帰ってくる言葉は創立者の建学の精神である。
 
1、人間教育の最高学府たれ

2、新しき大文化建設の揺籃たれ

3、人類の平和を守るフォートレスたれ
 
創立者の建学の精神が学生達にしっかりと胸に刻まれている。私は驚きを隠せなかった。他の大学ではみられ ないことである。自らの創立者の名前すら知らない、建学の精神も知らない学生が多い中、創価大学は学生一人一人がしっかりと創立者の精神を受け継いでい る。「創価大学は私たちの大学です」「運営も私たちで決めています」。これはさらなる驚きである。授業料もである。確かに他の大学に比べれば安く設定されている。将来の夢は・・・・・「社会のお役に立つリーダーになりたい」どの学生も真剣である。普通であれば眉唾で聞くところであるがなぜかこちらも真剣に 聞き入ってしまった。また、応援もしたくなるのは私だけではないだろう。
すべてを見学し、一言では語りつくせない素晴らしい大学でした。
環境も素晴らしく、丘陵地に位置し、膨大な校地面積を要している。自然を生かし、緑あふれる中にキャンパスがあり、学生達はのびのびと学んでいる。なんと幸せなことか。
私は、早速女子学生に期待を寄せ受け入れることを決意した。彼女は我々の意を受け特訓に次ぐ特訓に弱音を言うこともなくがんばり抜いた。
2月見事に合格を勝ち取った。
現在創栄館には多くの創価大学生の卵が日夜頑張っています。生徒一人一人大空に飛び立ってほしいと念願してやまない。
株式会社創栄
〒751-0833
山口県下関市武久町2-80-13
TEL:083-254-2327
FAX:083-250-6827
------------------------------------
学習塾
------------------------------------
TOPへ戻る